新極真会について

極真カラテとは・・・。

「相手に触れずして何が一撃必殺ぞ、何が武道ぞ」と従来の伝統派空手が試合形式として採用していた寸止めルール(当たる寸前で打撃を止める)に真っ向から異議を唱え、相手に直接加撃するフルコンタクトルールによる大会を確立した、故・大山倍達総裁が創始した流派です。

現在、国内外には数多くの実戦派空手団体(一般的にフルコンタクト空手)が存在しますが、そのほとんどが極真をルーツとする流派です。

 

全世界空手道連盟新極真会は故・大山倍達総裁の創始した直接打撃制の日本国内はもちろん世界最大級の武道空手団体です。

 

その中で広島支部は、世界チャンピオンを始め、数多くの日本代表選手を輩出している国内屈指の強豪支部です。


大塚道場では元・全日本2位の指導員が、安全性を十分考慮して指導しますのでご安心ください。